いろいろ

こんにちは、くるみです

久しぶりに話したいことがあるのでビャッと話します


好きかな、と思う人ができました

とってもかわいい人です

猫みたいで何考えてるかさっぱりわからないの

話してて楽しいな〜って思ってたらいつのまにかその人のことを考える時間が増えていって


でも、私は好きってどういうことかまだわかってないんです


あー、たまらん、かわいい〜と思うことを今までは好きだと思ってた

かっこいい、もあるけど

でも、これって単なる「推し」と変わらないのでは?

アイドルは実際に会うことはないからかわいいかわいいっていってればそれですむよね

私は実際のアイドルにはそんなに会わなくていいし(ライブとかは好きだけど)


好きな人のことすきすきっていう時間はすごく楽しい

でも、これとてもひとりよがり

好きな人になにかしてあげられることはないかな?って考えることが大事らしいの

でも、好きな人ってまず私をそういう風には見てないじゃん

てことはなにをしてもムダ?とか、そもそもしてあげようって傲慢じゃない?させていただけることは?とかのがいいんじゃない?とか、いらないこと考えてる間に他の人にとられちゃいそう!ダメダメ!

もっと仲良くなりたいな、彼のこともっともっと知りたいし、私のことも知ってほしい、怒ってるところも落ち込んでるところも全部つつめたらいいなって


まあ、それはそうと、私の周りのお友達はずいぶんといろいろあるみたいで

私は大学もサークルもきちんとした友達ばかりだからお酒を飲んだりする機会はあんまりないです

少々退屈だけど、穏やかな日々を送ってます

旧友たちはキラキラ大学生だからたくさんお酒飲むらしいのね

わかんないけど、少しいいなって思ってたのね

お酒飲むのは楽しいし

でも、なんかやっぱり違うな

もっと自分を大事にしてほしい

楽しいことがたくさんあるのはいいけど、お酒飲むことなんてこれからたくさんできるわけだから

美しくはないな〜

自分の評判を自分で落とすようなことしてほしくないな

大好きな友達だから心配

若いうちに失敗したほうがいいこともあると思うからいいけど!

楽しく生きればいいと思う




ずっと忘れられない人の話をします


小学校の4年生のとき、同じクラスにPくんという男の子がいました

Pくんは、サッカーが大好きな痩せた優しい男の子です


当時、私はQくんという男の子のことが好きでした

PくんとQくんは名字が同じで家も近く仲良しでした


Qくんの妹と私の通っていたバレエ教室がたまたま同じで、その年の発表会をQくんが見に来てくれる(たぶん毎年きてる)ことになりました

発表会の終演後は、ロビーで見にきてくださったお客さんに会いにいくことが通例なので、私はQくんを探していました

母に気づかれると恥ずかしいのでひっそりと

でも、母は私がQくんのことを好きなのをなぜか知っていたので私よりも先にQくんを見つけて、「ほら!くるみ!Qくんいるよ!Pくんも!」と教えてくれました

恥ずかしかったけれど、3人で写真を撮りました 

本当はQくんと2人で写真を撮りたかったのに、なんでPくん来たの?なんでことを考えながらその日は家に帰りました


5年生になりました

Qくんは家庭の事情で外国に引っ越しました

中学生になると帰ってくるんですけど

私は彼に下手な手作りのマスコットを作ってプレゼントしました

いらなかっただろうな


Pくんとはクラスは離れてしまいました

外国に行ってしまったQくんに思いを馳せながらぼーっと日々を過ごしていたある日、隣のクラスの有名人Dちゃんが私の前に現れます

 「Pがくるみちゃんのこと好きらしいよ!本命だって」

と、言いました

Qくんのことが好きな私はそれを受け入れられず、意味がわからず

「私好きな人いるし、Pは眼中にないし」

と、当時本で読んだ頭の悪そうなセリフを彼に浴びせてしまいました

このことは本当に反省しています

まあでも、その時はなんとなく終わりました


しかし、じわじわと、なんだかPくんのことが気になるようになって来ました

もともとPくんのことは気になっていた

なんだか、気になる


クラスが違うとやっぱり話す機会も少なくて


6年生になりました

Dちゃんと私は同じクラスになります

Dちゃんは、また私に、「彼はくるみちゃんが本命なんだよ!」って伝えてきました

もう私はPくんのことを好きになっていたので、そうなんだ、嬉しいなって思いました


夏休みに入る終業式の日、彼を花壇の近くに呼び出して告白しました

なんて言ったかは忘れちゃったけど

彼ははにかんでうんともすんとも言いませんでした

当時、付き合うという概念はなかったので本当に好意を伝えただけでした


彼はどう思ったんだろう

何にも言ってくれない、どう思ったのかすらもわからない、どんどんイライラしてしまっもういや!って思うようになってしまいました

なんで自分勝手なの私は


あっという間に卒業式です

私は移り気なので幼なじみのKくんのことが好きになっていまし

Kくんとは写真を撮ったのですが、心の底ではPくんと写真を撮りたかった


中学生になります

地元の中学に私もPくんも進学しました

Pくんとは違うクラスです

中学では勉強を頑張っていました

しかし、Pくんはもっと頑張っていました

Pくんは卒業アルバムにノーベル賞を獲りたいと書いていました

Pくんは賢かったのです学年トップだったのです

びっくりです


全然話しませんでした

でも一度だけ呼び止めて、なんであの時返事してくれなかったな、って聞きました

Pくんの部活の男子に茶化されて結局何も聞くことはできませんでした


やがて卒業式

やっぱり写真を撮りたかった、けど、素直じゃないので何も言えませんでした

黙って遠くから彼のことを見ていました


私は地元の進学校に、彼は少し離れたところにあるとても賢い高校に入りました

友達から彼の連絡先を教えてもらい、連絡しました

しばらく続いたものの、すぐに途絶えてしまいました


それから私は彼の誕生日にラインを何度かします

すぐに途絶えます

そりゃそうです

小学校の時に一瞬気になっていた女のことなんかどうでもいいに決まっています

私のことなんかどうでもいいんです、知ってます

だからもう連絡していません

だけど、気になってしまいます


彼はものすごく賢い人が集う大学に通っているようです

もう遠い雲の上の存在なのです

彼女もできているようだし

もう、私のことなんてきっと忘れています

むしろ黒歴史として葬ってます

悲しい

私は、私は

なんて頭が悪いんだろう


はあ


疲れたので終わります




自己紹介でもしようかな

私はくるみ、大学生です

外国について学んでいます
これから専攻などが決まっていくので楽しみです

将来は高校の先生になろうかな〜なんて思っているけど、どうなるかはわかりません
なるためにはしっかりお勉強しなくちゃ〜とは思いつつフワフワしています

小学校から中学生の時にクラシックバレエを習っていました
あんまり上手じゃなかったけど大好きでした

高校では吹奏楽部に入ってサックスを始めました
サックスも例のごとくあんまり上手じゃないけど、がんばって続けています

おいしいご飯を食べることが好きです
大好きな人と食べるご飯はもっと好きです

自己紹介でした

1

こんにちは


くるみです


ブログというものを始めてみようと思います

いつまで続くはわからないけど、いろいろ書こうかな


どうぞよろしくお願いします